COLUMN

メールで入籍報告してもよい?家族・上司・友人別にその可否を解説

目次
家族・上司・友人に入籍報告!メールで済ませてもよい?
メールで入籍報告!相手別に見る文例とポイント
一斉送信は厳禁!メールで入籍報告する際の注意点
直接挨拶をする場合に気をつけるべきこととは?
入籍報告をした後は結婚指輪を着ける?
相手に寄り添ったメールで入籍報告しよう

入籍報告は基本的に口頭で伝える必要がありますが、「話すタイミングが合わない」「報告する相手が多い」など、さまざまな理由により直接伝えられないこともあります。その場合は、入籍報告をメールで済ませてもよいのでしょうか。また、もし止むを得ずメールで伝える際はどのような点に気をつければよいのでしょうか。

そこで今回は、家族・上司・友人にメールで入籍報告をしてもよいのかどうかをはじめ、相手別によって送る文例やメールで入籍報告をする際の注意点などをご紹介します。ぜひご参考にしてください。

家族・上司・友人に入籍報告!メールで済ませてもよい?

入籍報告を個々に伝えるのは大変なため、「メールで済ませてもよいか」と疑問に思っている方もいるでしょう。結論からいうと、相手によって異なります。そこで以下では、メールで入籍報告してもよいかどうかを家族・上司・友人別でご紹介します。

家族の場合

家族に入籍報告をする際は直接会って話すか、電話で伝えるようにしましょう。入籍は2人だけの問題ではなく、家族にも関係することです。それをメールで済ませてしまうと、よい印象は持たれません。また、結婚に対する覚悟や責任なども軽く見られてしまいかねないため、直接自分の口で伝えることが大切です。

もし、家族が遠方に住んでいて直接会うことが難しい、電話で話すタイミングが合わないという場合にメールを利用する際は、本題は伝えず「大切な話があるから時間をつくってほしい」という旨だけを送るようにしましょう。そして後日、自分の口から家族に入籍報告をするのがおすすめです。

上司の場合

上司に入籍報告をする際も、基本的には直接自分の口から伝えることが大切です。ただし、上司といっても仕事上あまり関わりがない方や関わっていてもなかなか会わない方もいるでしょう。その場合は、直属の上司だけには直接伝えてほかの方にはメールで入籍報告をしても問題ありません。

直属の上司以外にメールで入籍報告をする際は、事前に「メールで報告してもよいか」を確認しておきましょう。もし、直属の上司に相談して「直接伝えたほうがよい」といわれた場合はメールは避けるのが無難です。また、メールで入籍報告をしてもよい場合は送信する前に、文章に問題がないか上司にチェックしてもらうのもおすすめです。

友人の場合

友人に入籍報告をする際は、メールでも問題ありません。ただし、直接会うことがある友人には会ったときに伝えるか、電話で伝えるとよいでしょう。大事な入籍報告をメールで済ませてしまうと、相手が寂しい気持ちになってしまうこともあります。そのため、直接会える友人には口頭で、あまり会えない友人にはメールでというように分けるのがおすすめです。

メールで入籍報告!相手別に見る文例とポイント

では、メールで入籍報告をする際はどのような文章を送ればよいのでしょうか。以下にて、相手別で送る文例をご紹介します。

家族の場合

家族の場合は基本的に口頭で入籍報告をするのがベストですが、難しいときはメールで伝えても問題ありません。その場合のメールの文例とポイントは以下の通りです。

文例

以前からお付き合いしていた○○さんと△月△日に入籍しました。

今は引っ越しをして□□に住んでいます。
近くに来た際はぜひ立ち寄ってください。

これからも○○さんと2人で力を合わせて幸せな家庭を築いていきたいと思います。
近々挨拶に行きますのでよろしくお願いします。

メールでのご報告になってしまったことをお許しください。

どうぞお体に気をつけてお過ごしください。

ポイント

家族にメールで入籍報告をする際は、以下の点を伝えるようにしましょう。

  • 現在の状況
  • 直接伝えられなかったことのお詫び
  • 気遣いの言葉

住まいが変わった場合は、新しい住所も伝えるのがおすすめです。

上司の場合

上司にメールで入籍報告をする際は以下の通りです。

文例

お忙しいところ失礼します。
私事で恐縮ですが、このたび△月△日に結婚することとなりました。

挙式は△月に執り行う予定です。
日頃からお世話になっております◯◯さんにも、ぜひご参列いただけたらと思っております。
詳細は後日改めてご報告させていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本来であれば、直接ご報告するべきところですが、メールでのご連絡となりお詫び申し上げます。

近いうちに改めてご挨拶に伺いたいと思います。

今後も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、何卒よろしくお願いいたします。

ポイント

上司にメールで入籍報告をする際は、以下の点を伝えるようにしましょう。

  • 結婚式の有無
  • 直接伝えられなかったことのお詫び
  • 今後の働き方

名字が変更になる場合は、その旨も伝えることが大切です。また、結婚式については挙げる予定でも親族のみで済ませるのであれば、その点も伝えましょう。

友人の場合

友人にメールで入籍報告をする際は以下の通りです。

文例

お久しぶりです。お元気ですか?
実はこの度結婚することになり、△月△日に入籍することになりました。

結婚式は、△月に行う予定です。
もしご都合がよろしければ、◯◯にもぜひ列席いただきたいと思っています。
式の詳細については後日改めてご報告いたします。

メールでのご報告になってしまったことをお許しください。

今後も変わらぬお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

ポイント

友人にメールで入籍報告をする際は、以下の点を伝えるようにしましょう。

  • 結婚式の有無
  • 直接伝えられなかったことのお詫び
  • これからも仲良くしたいこと

友人の場合は、かしこまったメール文である必要はありません。絵文字や顔文字などを使ってもOKなので、気持ちが伝わる文章を送るのがおすすめです。

一斉送信は厳禁!メールで入籍報告する際の注意点

メールで入籍報告をする際、一斉送信は厳禁です。なぜなら、大切な入籍報告は本来口頭で伝える必要があるからです。それをメールで一斉送信してしまうと、受け取る側に「失礼」と思われてしまいかねません。そうなると心から祝福してもらえない可能性もあるため、メールで入籍報告をする際は個別に送るようにしましょう。

直接挨拶をする場合に気をつけるべきこととは?

入籍報告をメールではなく、直接する際は順番に気をつけなければなりません。仮に、報告の順番を間違えると相手に「失礼」と思われてしまうので、正しい順番を押さえておきましょう。

入籍報告をする際は、まず自分の両親から行います。続いて女性側の両親、男性側の両親の順番で挨拶をするようにしましょう。婿養子の場合は男性側の両親、女性側の両親の順番になります。この順番が逆になってしまうと、パートナーの両親に悪い印象を与えてしまいかねません。そのため、仮に両親が順番を気にしない場合であっても、マナー違反にならないよう報告の順番を守ることが大切です。

お互いの両親への報告が済んだら、直属の上司に入籍報告をします。最後に、同僚や友人に入籍報告をするようにしましょう。

なお、挨拶の順番に関しては以下の記事で詳しく解説しているので、ぜひチェックしてみてください。

結婚挨拶の適切な順番は?正しく理解して粗相のない挨拶に

入籍報告をした後は結婚指輪を着ける?

入籍報告をした後は、2人の好きなタイミングで結婚指輪を身に着けることができます。そのため、「結婚指輪が届いた日」「結婚式当日」「記念日」など結婚指輪をいつ着けるか2人で話し合って決めましょう。

なお、結婚指輪を着けるタイミングに関しては以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。

結婚指輪はいつから着けるのが好適?人気のタイミングをご紹介

相手に寄り添ったメールで入籍報告しよう

入籍報告は基本的に直接会う、または電話で直接伝えることが大切です。しかし、相手によってはタイミングが合わなかったり伝える人数が多かったりで口頭で伝えられないこともあるでしょう。その場合は、メールで伝えても問題ありません。ただし、メールで入籍報告をする際は相手に寄り添った内容にすることが重要です。心から祝福してもらうためにも、気持ちが伝わるメールを送るようにしましょう。

関連記事

KEYWORD