COLUMN

入籍準備には何が必要?早めに押さえてスムーズな対応を

目次
まずは押さえておこう!プロポーズから入籍までの一般的な流れ
入籍手続きにはどのような準備が必要?
知っておくとスムーズ!入籍後に必要な手続きとは
事前に準備をして入籍手続きを効率よく済ませよう

プロポーズが終わり入籍することが決まったら、公的年金・保険の手続きや引越しに伴う変更手続きなど、やらなければならないことがたくさんあります。何をすればよいのかわからないと手続きに手間が発生する可能性もあるので、事前に押さえておきましょう。

そこで今回は、プロポーズから入籍までの一般的な流れをはじめ、入籍に必要な準備や手続きなどをご紹介します。手続きなどを効率よく進めるためにも、ぜひご参考にしてください。

まずは押さえておこう!プロポーズから入籍までの一般的な流れ

プロポーズに成功した後、その先に何をすべきかまでわかっておくことで、手続きなどをスムーズに進めることができます。そのため、まずはプロポーズから入籍までの一般的な流れを押さえておきましょう。

プロポーズ

まずは、お互いの意思を確認する場となるプロポーズを成功させることが重要です。一生に一度のことなので、シチュエーションにこだわる方が多いでしょう。

入籍までの最初のステップとなる、プロポーズのタイミングやシチュエーションについて前もって考えておくのがおすすめです。

なお、タイミング・シチュエーションに関しては以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご参考にしてください。

女性憧れのプロポーズ・プラン!指輪やシチュエーションについて紹介

両親への挨拶

お互いに結婚の意思が固まったら、双方のご両親へ報告して結婚の挨拶を行うことになります。以前から面識がある場合でも、結婚が決まったらあらためて挨拶に伺うのがマナーです。最初は女性側のご両親へ挨拶に行き、その後男性側のご両親へ挨拶をするのが一般的です。

なお、結婚挨拶を成功させるポイントは以下の記事でご紹介しています。ぜひご参考にしてください。

彼女の両親へ結婚挨拶をする方必見!成功させるためのポイントをご紹介

結納・顔合わせ食事会

両親への挨拶が済んだら、結納・顔合わせ食事会の日取りや場所を決めなければなりません。両親とスケジュールを合わせる必要があるので、早めに相談するようにしましょう。

なお、昨今は結納を省くカップルが増えており、顔合わせ食事会で結婚式や新生活について両家で話し合うことが多いようです。

入籍日・結婚式の日取り、式場の検討

入籍日や結婚式の日取り、式場についてはあらかじめ2人で話し合っておきましょう。日取りに関しては記念日や誕生日、縁起のよい日などを選ぶ方が多いですが、両親の意見も参考にしながら決めるのがおすすめです。

式場を選ぶ際は、距離や交通手段などにも配慮するとよいでしょう。

結婚指輪の購入

結婚指輪は刻印やサイズ調整などに時間がかかることも多いため、結婚式までにほしい、オーダーメードでこだわりたいなどの要望がある場合は、余裕をもって注文しておくとよいでしょう。

和光の結婚指輪一覧はこちらから。

入籍・結婚式

結婚指輪の購入まで済んだら、いよいよ入籍・結婚式です。
入籍日に関しては、結婚式と同じ日にする必要はありません。もし、入籍・結婚式を同じ日にするのであれば、「結婚式の前に入籍手続きを済ませる」「結婚式の後に入籍手続きをする」のどちらかにするかも、事前に決めておきましょう。

なお、結婚準備についての詳細は以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご参考にしてください。

意外と知らない「結婚準備」の基本!押さえておきたい11の項目とは

 

入籍手続きにはどのような準備が必要?

入籍手続きをスムーズに進めるためにも、何が必要かを事前に押さえておきましょう。

婚姻届

婚姻届には2人の氏名や生年月日、住民票に登録している住所、本籍、父母の氏名などを記載します。

また、証人2人の署名と押印も必要です。証人を依頼する方には、前もって連絡をしておくとよいでしょう。

婚姻届は全国の市区町村の役場や出張所の戸籍課などでもらうことができます。記載ミスなどを考慮して、数枚もらっておくのがおすすめです。

なお、婚姻届の書き方については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひ参考にしてください。

意外と知らない婚姻届の書き方!用意するもの・書く際のポイントを解説

戸籍謄本

婚姻届を提出する市区町村に本籍がない場合は、夫と妻それぞれの戸籍謄本が必要となります。
戸籍謄本とは、その戸籍に入っている人全員分の身分事項が記載された書類のこと。似たようなものに、戸籍抄本がありますが、これは指定した人のみの身分事項を抜粋したものです。

婚姻届を提出する際、基本的には「戸籍謄本」の提出が必要です。ただし、市役所によっては「戸籍抄本」でもOKな場合もあるので、確認しておくとよいでしょう。

戸籍謄本に関しては、本籍地の役所や出張所などで取得可能です。遠方に住んでいる場合は郵送やインターネットでの発行申請も可能ですが、1〜2週間かかるため早めに手配しておきましょう。

身分証明書

婚姻届の提出時には本人確認のために身分証明書が必要です。マイナンバーカードや運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書などを持参しましょう。

旧姓の印鑑

婚姻届にはそれぞれの姓の印鑑を押印する必要があります。役所の窓口へ婚姻届を提出する際は、不備があった場合にその場で訂正できるよう旧姓の印鑑を持参しましょう。

知っておくとスムーズ!入籍後に必要な手続きとは

入籍後に名義・住所変更が必要となるものは意外と多いということはご存知でしょうか?

いざ必要となったときに名義・住所変更の手続きを忘れていたことが発覚すると、その後の手続きに時間がかかってしまうこともあるため、どのような手続きが必要なのかを事前に押さえておきましょう。

公的年金・保険の手続き

会社勤めの場合は、勤務先の会社へ氏名・住所変更の手続きを申請します。配偶者の扶養に入る必要がある場合は、その旨も併せて伝えて手続きを行いましょう。

自営業の方は役所窓口で本人による手続きが必要です。被保険者氏名変更届・被保険者住所変更届・年金手帳を提出して手続きを行います。

生命保険の変更手続き

各保険会社へ電話・インターネットより問い合わせると申請書類が届きます。書類が届いたら記入・必要書類を添付して返送するのが一般的です。保険会社によってはインターネット上で手続きが完了することもあります。

運転免許証・銀行口座・パスポートの変更手続き

運転免許証・銀行口座・パスポートそれぞれの変更手続きは、以下の通りです。

運転免許証

運転免許証の氏名・住所変更は、警察署や免許更新センターなどで本人が行う必要があります。
必要書類は、運転免許証と新しい住所が確認できる住民票などです。

入籍や引越しに伴い本人確認書類が必要になることも多いため、運転免許証の氏名・住所変更は優先的に行うのがおすすめです。

銀行口座

銀行口座の氏名・住所変更は、銀行窓口で行います。

銀行によって窓口の営業時間や代理申請の可否が異なるため、あらかじめ確認しておきましょう。

通帳とキャッシュカード、新旧両方の銀行印、新しい住所が確認できる住民票などの書類が必要です。

パスポート

パスポートの氏名変更は、住民票がある都道府県の旅券発行窓口にて行います。

平日のみの受付ではありますが、申請は代理人でも手続きが可能です。受け取りは本人のみとなり、日曜日でも受け取りができます。

必要書類は申請書、住民票の写し、戸籍謄本、パスポート用の写真です。入籍後に海外へ新婚旅行を考えている場合は、早めに手続きを行っておきましょう。

クレジットカードの変更手続き

各クレジットカード会社によって手続きの流れは異なりますが、電話やインターネットから申請書を取り寄せて、記入・必要書類を添付して返送する方法が一般的です。

会社によっては全てインターネット上で手続きを完了させることができるケースもあるため、あらかじめ確認しておきましょう。

引越しに伴う変更手続き

引越しに伴い、電気・ガス・水道などのライフライン、携帯電話やインターネット回線・固定電話回線などの通信系の各種手続きが必要となります。氏名・住所・支払い方法の変更とともに、夫婦別で回線契約を行っている場合は請求書や契約の一本化などを検討しましょう。

解約手続きは立ち会いが必要になることも多いので、どの契約に立ち会いが必要なのか、電話やインターネットのみで解約手続きができるかどうかも確認しておくとスムーズです。

また、同じ市区町村内で引越しを行う場合は転居届を提出すれば問題ありませんが、市区町村をまたぐ引越しの場合は、転出届や転入届の提出も忘れてはいけません。

引越しから14日以内に住民票の移動も必要です。

事前に準備をして入籍手続きを効率よく済ませよう

結婚が決まった後の手続きは、入籍のみではありません。各所への届出や氏名変更など、必要な手続きがたくさんあります。なかには本人しか行えない手続きもありますが、代理人申請も可能な手続きも多いので、効率よく行うためにも夫婦で協力するのがおすすめです。

関連記事

KEYWORD