COLUMN

顔合わせ食事会だけでも結納金は必要?押さえておきたいマナーをご紹介

目次
まずは知っておこう!結納と顔合わせの違いとは
顔合わせ食事会のみでも結納金は必要?
【新郎側】知らないとマナー違反?顔合わせ食事会の結納金(支度金)に関する疑問
【新婦側】知らないとマナー違反?顔合わせ食事会の結納金(支度金)に関する疑問
顔合わせ食事会の結納金(支度金)についてはみんなが納得のいく形を

結納をする際は結納金を贈るのが一般的ですが、顔合わせ食事会のときはお金を贈るべきか悩む方は多いのではないでしょうか。知らないとマナー違反になる恐れもあるので、知識として覚えておくようにしましょう。

そこで今回は、結納と顔合わせの違いや顔合わせ食事会のみでも結納金は必要か否かについてご紹介します。また、結納金に関するよくある疑問もご紹介しているので、ぜひご参考にしてください。

まずは知っておこう!結納と顔合わせの違いとは

結納と顔合わせ、どちらもお互いの家族が顔を合わせる場なので、「同じものでは?」と思われがちです。しかし、結納と顔合わせはまったくの別物なので、以下にて違いを押さえておきましょう。

結納

結納とは、婚姻を成立させるために行われる儀式のことです。本来は仲人を立てて行われますが、昨今は家族だけで行う“略式結納”が主流となっています。略式結納では、女性側の自宅やレストラン、料亭で家族が集まり、そこで結納品の受け渡しが行われます。家庭や地域によって結納品や結納の進め方などが細かく決められているため、それに則って行うことが大切です。

なお、結納の際の服装については以下の記事で詳しく解説しています。ぜひご参考にしてください。

結納時の服装はどうする?選び方から注意点まで徹底解説

顔合わせ

顔合わせとは、お互いの家族に結婚報告をして親睦を深めるためのイベントです。結納のように細かい決まりがないので、カジュアルな雰囲気のなか行われるのが特徴です。

また、顔合わせでは結納品のように贈り物をする必要もありません。レストランや料亭などで食事をしながら、会話を楽しむのが一番の目的です。

顔合わせ食事会のみでも結納金は必要?

結納をせず顔合わせ食事会をする場合、「結納金は必要なのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。そもそも顔合わせ食事会で渡すお金は結納金ではなく、「支度金」と呼ばれます。結納金はその名の通り、結納の場で新郎側から新婦側へ贈られる現金のことです。

一方で、支度金は結納をしない場合に新郎側から新婦側へ「結婚の準備をするためのお金」として贈られます。

意味合いとしてはほとんど同じですが、結納をするかしないかによって呼び名が変わるため、その点は念頭に置いておくようにしましょう。

では、顔合わせ食事会のみを行う場合、結納金(支度金)がいらないかといえば、そうではありません。結納を行わなくても結納金(支度金)を準備するのが一般的です。とはいえ、絶対に準備しなければならないという決まりもないので、結納金(支度金)を準備するか否かは贈る側の新郎家で話し合って決めることが大切です。

【新郎側】知らないとマナー違反?顔合わせ食事会の結納金(支度金)に関する疑問

以下では、新郎側の顔合わせ食事会の結納金(支度金)に関する疑問をご紹介します。知らないとマナー違反になってしまう可能性があるので、押さえておきましょう。

結納金(支度金)を渡すことを事前に伝えるべき?

「新婦側に結納金(支度金)を渡すことを事前に伝えるべきかどうか」で迷ってしまう方は少なくありません。結論からいうと、事前に伝えておく必要があります。

なぜなら、顔合わせ食事会当日に結納金(支度金)を突然渡すと、新婦側の家族を困惑させてしまう可能性があるからです。結納金(支度金)の金額まで伝える必要はありませんが、渡す際は事前に伝えておくことが大切です。

金額はいくら?

結納金(支度金)の金額は、50万円〜100万円が相場です。必ずしもこの金額を贈らなければいけないというわけではありませんが、低すぎたり高すぎたりすると失礼にあたる可能性があります。そのため、結納金(支度金)をいくら贈ろうか迷った際は、相場を参考にするとよいでしょう。

ただし、結納金(支度金)の金額は地域や両親の考え方によって異なるケースもあります。まずは両親と相談し、無理のない範囲の金額を贈るようにしましょう。

支度金を入れる袋は?

顔合わせ食事会のみを行い、支度金を渡す場合はご祝儀袋に入れるのがマナーです。また、ご祝儀袋の水引は紅白10本の結びきりを選びましょう。

10本の結びきりには、「両人が手と手を握り合う=結びつきを強くする」「結び直すことがないようにする=二度繰り返さない」という意味合いがあります。

のしの表書きに関しては、「御支度金」または「寿」と記載しましょう。名前は新郎側の“姓のみ”記載します。

渡す人、タイミングは?

結納金(支度金)を渡す人は、新郎側の父親が一般的です。顔合わせ食事会では厳格な決まりはありませんが、新郎が結納金(支度金)を準備したとしても父親から新婦側の父親に渡してもらうのが無難です。

渡すタイミングについては、食事会の中盤がベストとされています。とはいえ、渡すタイミングも決まりはないので、自己紹介のあとに渡しても問題ありません。

【新婦側】知らないとマナー違反?顔合わせ食事会の結納金(支度金)に関する疑問

続いて、新婦側の顔合わせ食事会の結納金(支度金)に関するよくある疑問をご紹介します。

受け取りを拒否してもよいの?

結納金(支度金)を準備してもらった際、「申し訳なくて受け取れない」と思う方は少なくありません。しかし、受け取りを拒否するのはマナー違反です。結納金(支度金)は新郎側の気持ちを表す贈り物なので、受け取りを拒否するということは相手の気持ちを拒否すること。

そのため、申し訳ないと思っても受け取るようにしましょう。

もし、どうしても受け取れないというのであれば、結納金(支度金)を準備してもらう前に両家の家族含めて話し合っておくのがおすすめです。

結納金(支度金)の使い道を新郎側に報告すべき?

結納金(支度金)の使い道を決めるのは、新婦側です。新郎側は「結婚の準備をするためのお金」として贈りますが、使い道の判断は新婦側に任されます。

そのため、基本的に使い道を報告する必要はありません。ただし、新郎側の両親が結納金(支度金)の使い道を知りたがっている場合は事前に相談するか、使ったあとに報告するとよいでしょう。そうすれば、良好な関係を築けるはずです。

お返しの金額はいくら?

結納金(支度金)のお返しの金額は、1割〜5割が一般的です。そのため、結納金(支度金)が100万円だった場合は、10万〜50万円を目安にお返しをするとよいでしょう。

ただし、結納金(支度金)のお返しは絶対に必要というわけではありません。2人の今後の結婚資金に充てるため、お返しをしないという道もあります。もし、「お返しもしたいけれど今後の生活のために貯金もしたい」という場合は、10万円以内の品を贈って残りの金額を貯金するのも一案です。

お返しの品は何を選べばよい?

お返しの品は、新郎に贈るのが一般的です。そのため、新郎の好みに合う品を選ぶようにしましょう。何を選べばよいのかわからない場合は、以下の品をぜひご参考にしてください。

時計

時計は実用性が高いため、ビジネスシーンやプライベートシーンで活用してもらうことができます。また、ブランド時計であればなかなか購入できないもの。お返しの品としてブランド時計を贈ることで、パートナーに喜んでもらえるはずです。

WAKOウオッチはこちらから。

財布

結納金(支度金)のお返しの品として、財布を贈るのもおすすめです。例えば、革素材を用いた財布であればお返しの価格帯にマッチしやすいので、「価格が低くてパートナーを悲しませてしまう」という心配がありません。くわえて、革素材は長持ちしやすいため長く愛用してもらうこともできます。

革小物はこちらから。

スーツ

結納金(支度金)のお返しの品として、スーツを選ぶのも一案です。スーツはビジネスシーンだけでなく、フォーマルシーンにも活躍します。何着あっても困らないので、「仕事のときはスーツを着用している」というパートナーであれば、お返しの品として贈ることで喜ばれる可能性があります。

仮に、結納金(支度金)のお返しの品にスーツを選ぶのであれば、オーダーメードがおすすめです。オーダーメードであればパートナーの身体にフィットするので、着心地にも満足してもらえるはずです。

和光のオーダーメードはこちらから。

顔合わせ食事会の結納金(支度金)についてはみんなが納得のいく形を

結納をせず、顔合わせ食事会のみでも結納金(支度金)を準備しておくことが大切です。そのため、顔合わせ食事会の日までに準備しておくようにしましょう。

ただし、金額については前述したように地域や両親の考え方によって異なるケースもあります。また、無理して高額費用を準備すると今後の生活に支障を来す恐れもあるので、結納金(支度金)については家族と相談してみんなが納得のいく形をとることが大切です。

関連記事

KEYWORD