COLUMN

同棲はいつ始める?結婚に踏み切るタイミングは?目安を知っておこう

目次
意外と知らない!同棲を始めるベストなタイミング
押さえておこう!同棲するメリット・デメリット
重要なのは期間じゃない!結婚のタイミングを逃さないポイント
主なきっかけは?同棲から結婚に踏み切るタイミング
同棲から結婚するときにも思い出のプロポーズを
2人で多くの時間を過ごしてから幸せな結婚につなげよう

パートナーと交際中の方の中には、「同棲をするならいつから始めるべきか」と悩んでいる方もいるはず。同棲のタイミングは人によってさまざまなため、正解はありません。しかし、ある程度タイミングを決めておかないと同棲に踏み切れないこともあります。そのため、同棲を始めるタイミングを知っておくようにしましょう。

そこで今回は、同棲を始めるタイミングや同棲するメリット・デメリット、結婚に踏み切るタイミングなどをご紹介します。同棲を始めるタイミングに悩んでいる方は、ぜひご参考にしてください。

意外と知らない!同棲を始めるベストなタイミング

「好きな相手とできるだけ一緒に過ごしたいけれど、同棲はいつから始めるのがベストなのか」と疑問に感じているカップルは多いのではないでしょうか。
同棲を始めるタイミングの目安としては、1年など一定期間経った頃がベストといわれています。1年経過していれば一通りイベントは経験しているので、同棲をスタートさせることでまた新たな気持ちで過ごすことができます。

くわえて、1年経ったらパートナーの性格や価値観などをある程度把握できますが、それでもすべてを知っているわけではありません。パートナーのことをより深く知り、結婚して2人で幸せな生活を築けるかを判断するのにも1年は同棲を始めるベストなタイミングといえます。

押さえておこう!同棲するメリット・デメリット

同棲をしなくても、そのまま結婚するカップルも一定数います。では、同棲をするのにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

メリット

同棲をするメリットといえば、「好きな人と毎日一緒に過ごせる」です。
仕事や用事があるとき以外は基本的に一緒に過ごせるため、離れているときの寂しさを感じることがほとんどありません。また、仕事から帰ってきたら好きな人が家にいるおかげで疲れも癒されるはずです。

このほか、「パートナーのことをより深く知ることができる」のも同棲をするメリットのひとつです。
前述したように、ある程度パートナーの性格や価値観を知っていても、すべてを把握することは難しいもの。特に、生活感は一緒に暮らしてみないとわからないこともあります。その点、同棲をすることによってパートナーのことがわかるので、「結婚してもお互いが無理なく一緒に過ごせるか」を知ることもできます。

さらに、「結婚費用を貯金できる」という点も同棲するメリットのひとつです。
例えば、お互いが1人暮らしをしていた場合はそれぞれ毎月家賃や光熱費の支払いが発生します。しかし、同棲をすると2人で分担して家賃や光熱費を支払えるようになるので、1人あたりの出費を抑えることができます。また、毎日会える分デートにかける費用も抑えることができるでしょう。こうした点から、同棲をすることで結婚費用を貯金しやすくなります。

デメリット

一方で、同棲をするデメリットは「結婚のタイミングを逃す可能性がある」です。
一緒に生活をすることで満足し、結婚に踏み出せないカップルは少なくありません。また、どのタイミングでプロポーズをすればよいのかもわかりづらくなってしまいます。結婚のタイミングを逃さないためにも、2人で期間を決めておくようにしましょう。サプライズでプロポーズをしたい場合は、自身の中で「いつプロポーズをする」と決めておくのがおすすめです。

このほか、「結婚後の新鮮さを感じづらい」という点も同棲するデメリットとして挙げられます。
結婚前に同棲をしていると、結婚後もあまり変わらない生活を送ることになります。そのため、結婚をしたという新鮮さをあまり感じられないこともあるでしょう。この場合は、結婚のタイミングで新居に引っ越すことによって新たな気持ちでスタートを切れる可能性があります。

重要なのは期間じゃない!結婚のタイミングを逃さないポイント

同棲して結婚のタイミングを逃さないためには、期間を重視するよりもお互いにパートナーを思いやる気持ちが大切です。仮に、パートナーを思いやる気持ちがなければ期間を決めたところで結婚にまで踏み出せない可能性があります。反対に、お互いに思いやる気持ちがあれば、もし「結婚をしたい気持ちはあるけれど今ではない」という場合であっても、期間が延びたとしてもいつかは結婚し幸せな家庭を築けるはずです。

いつ結婚するかよりも、「この人と結婚したい」という気持ちが大事なので、お互いに思いやりの心を忘れないようにしましょう。

主なきっかけは?同棲から結婚に踏み切るタイミング

同棲をすると結婚のタイミングを逃す可能性がありますが、あるきっかけによって結婚するカップルは少なくありません。それはどのようなきっかけなのか、以下にて3つご紹介します。

転勤が決まった

転勤が決まったとき、同棲をしていると「離れて暮らす」もしくは「一緒に行って暮らす」の2択から選ばなければなりません。転勤先が遠方だと簡単に会うことも難しくなってしまうため、ここで離れてしまうと気持ちまで離れてしまう可能性もあります。そのため、「一緒にいたい」と思うときはプロポーズのタイミングといえるでしょう。

友人・知人が結婚した

友人・知人が結婚したことがきっかけで、結婚を意識する方は少なくありません。特に結婚式は新郎新婦の幸せな姿を見ることができ、「自分たちも結婚したら」と結婚について考えやすくなります。そのため、友人・知人の結婚も自分たちの結婚に踏み切るきっかけになるでしょう。

子供ができた

同棲から結婚に踏み切るきっかけのひとつが、子供ができたことです。子供を授かったら自然と結婚へ進むことが多いため、妊娠を機に結婚するカップルは少なくありません。

なお、交際から結婚までの期間・タイミングについては以下の記事で詳しくご紹介しているので、ぜひ併せてご覧ください。

付き合って何年で結婚する?時期・タイミングを考慮してプロポーズしよう

同棲から結婚するときにも思い出のプロポーズを

同棲していると「いずれは結婚する」という気持ちから、プロポーズらしい言葉がないまま結婚するカップルも少なからずいます。特に、子供を授かったカップルはプロポーズなしということもあるでしょう。しかし、毎日一緒に過ごしていてもプロポーズは大切です。女性はどのような形でもプロポーズは嬉しいものなので、パートナーに言葉と行動でしっかり伝えるようにしましょう。

プロポーズで彼女をより喜ばせたいときは、サプライズがおすすめです。例えば、プロポーズの人気シチュエーションには、夜景が綺麗なレストランがあります。ロマンチックな空間でおいしい料理を味わうだけでも幸せな気持ちになりますが、そこでプロポーズをすることでさらに喜びと感動が倍増するはずです。

このほか、同棲しているからこそ自宅でサプライズプロポーズをする方法もあります。2人でゆっくりくつろいでいるときに突然プロポーズをするのもよいですが、部屋を飾り付けしていつもと違った空間にするだけでも特別感をプラスできます。
同棲から結婚に踏み出す際はプロポーズが大切なので、彼女を喜ばせるプロポーズを計画しましょう。

なお、プロポーズのタイミングやシチュエーションについては以下の記事で詳しくご紹介しています。ぜひチェックしてみてください。

女性憧れのプロポーズ・プラン!指輪やシチュエーションについて紹介

2人で多くの時間を過ごしてから幸せな結婚につなげよう

同棲をするベストなタイミングは、交際から1年など一定期間過ぎてからがおすすめです。ある程度パートナーのことを知ったら、同棲をしてより深く知るようにしましょう。そうすれば、結婚しても幸せな家庭を築けるかを判断することができます。

また、同棲をすると結婚するタイミングを逃す可能性もありますが、常にお互いが相手を思いやる気持ちを持ち続けることで結婚につながるはずです。2人で多くの時間を過ごして、幸せな結婚につなげましょう。

和光の婚約指輪一覧はこちらから。
ENGAGEMENT RING | 銀座・和光

関連記事

KEYWORD