COLUMN

ジューンブライドのメリットや結婚式を盛り上げる演出をご紹介!

目次
ジューンブライドの由来や意味とは?
日本でジューンブライドが広まったきっかけ
幸せになれる!ジューンブライドのメリット
併せて押さえておこう!ジューンブライドの懸念点
雨でも大丈夫!ジューンブライドを取り入れるコツ
ジューンブライドをより盛り上げる!おすすめの演出
雨の日の結婚式はゲストへの配慮が大事!
2人らしい結婚式を挙げよう

結婚式を挙げるなら、「ジューンブライドがよい」と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?入籍や結婚式を6月にすることで幸せになれるといわれていますが、そもそもその由来を知らない方も一定数いるはず。

今回は、ジューンブライドの由来や意味をはじめ、日本で広まったきっかけ、ジューンブライドのメリットや懸念点などをご紹介します。また、憧れのジューンブライドを実現するために覚えておきたいコツやおすすめの演出もまとめているので、ぜひご参考にしてください。

ジューンブライドの由来や意味とは?

多くの方が憧れるジューンブライド。6月に結婚すると幸せになれるといわれています。では、その由来や意味をご存知でしょうか?

由来には諸説ありますが、そのなかでも有力なのが“結婚と子宝の女神ユノが6月を守っていた”という説です。
そもそもローマ神話に登場するユノは、結婚や子宝を象徴する女神です。1月〜6月までの各月に守護神が存在しており、ユノが守っているのが6月。そのため、6月に結婚すると幸せになるといわれているのです。

このほか、ジューンブライドの由来には“雨が少ない6月は結婚式に好適な時期だから”もあります。ヨーロッパには梅雨がなく、6月は天候が安定しています。くわえて、復活祭などのイベントも行われるため、6月は街中がお祝いムードに包まれる時期です。そのようなときに結婚式を挙げるとたくさんの方々に祝福されることから、6月の花嫁は幸せになれるといわれています。

ジューンブライドの由来には、“農作業のピーク時期を避けた”という説もあります。ヨーロッパでは3月〜5月までは農作業が忙しくなる時期であり、昔はこの期間中は結婚するのを禁止されていたそうです。そのため、結婚を待ちわびていたカップルが6月に結婚式を実施。農作業が落ち着いたこともあり、多くの方々に祝福されやすい6月に結婚すると幸せになるといわれているのです。

日本でジューンブライドが広まったきっかけ

ジューンブライドの発祥の地であるヨーロッパでは、6月は過ごしやすい時期となっていますが、日本では梅雨に入り雨が多くなる時期です。では、なぜ「ジューンブライド」として結婚式に人気の時期になったのでしょうか。

日本でジューンブライドが認識されるようになったのは1960年代の後半です。
これまで結婚式といえば、過ごしやすい春(4月〜5月)と秋(9月〜11月)が人気でした。そこで、梅雨時期の結婚式のイメージを一新するために、ホテル業界やブライダル業界がヨーロッパの言い伝えであるジューンブライドに目をつけたのです。

雨というネガティブなイメージを払拭して特別感をアピールすることで、現在ではウェディング情報誌などでも特集が組まれるほどジューンブライドは高い人気を誇っています。

幸せになれる!ジューンブライドのメリット

6月に結婚すると幸せになるといわれている「ジューンブライド」。このほか、結婚式を6月にすることでどのようなメリットがあるのでしょうか?

結婚式で雨が降ると縁起がよい

ヨーロッパには「Mariage pluvieux mariage heureux(マリアージュ プリュヴィウー マリアージュ ウルー)」という言葉があり、「雨の日の結婚式は幸福をもたらす」という意味があります。これは、「2人の一生分の涙を神様が代わりに流してくれる」という言い伝えです。
日本にも「雨降って地固まる」や「恵みの雨」という言葉があることから、結婚式の日に雨が降ると縁起がよいといわれています。

結婚式費用が比較的リーズナブル

梅雨の季節である6月は、結婚式の費用が安くなる傾向にあります。なぜなら、結婚式場を利用する方が少ないと式場側が利用してもらおうと割引を実施するからです。

ジューンブライドとして人気は高まっていますが、結婚式当日に雨が降る確率が高いため、梅雨時期を避けている方も多いのが現状です。

実際に、「「ゼクシィ結婚トレンド調査2021(首都圏)」によると、挙式の実施月は9月〜11月が多くなっています。特に多いのは11月で全体の20.6%を占めており、6月の1.4%と比較すると約15倍もの差があります。

そのため、結婚式で人気のシーズンの9月〜11月と比較すると6月は結婚式場の利用者が少なく費用が安くなるのです。「新婚旅行や新婚生活のために結婚式にはあまり費用をかけたくない」という方におすすめの時期といえるでしょう。

暑すぎず寒すぎない適度な温度で過ごしやすい

ジューンブライドのメリットには、適度な気温で過ごしやすいという点もあります。6月は雨が多くなる時期ですが、気温を考えると比較的過ごしやすいといえます。

暖かな気候で体が冷えることがないため、肩やデコルテが出るドレスも快適に着用することができます。また、乾燥や汗によるメイク崩れも起こりづらいことから、新郎新婦はもちろん、ゲストにもうれしい季節といえるでしょう。

結婚式直後の新婚旅行に好適な時期

6月は、結婚式直後の新婚旅行にも好適な時期です。
ゴールデンウィーク明けなので旅行をする方が減り、航空券が安くなります。また、ホテルも同じく利用者が少ないと安い料金で宿泊することができるので、結婚式直後に新婚旅行をする場合はトータル費用を抑えることが可能です。

併せて押さえておこう!ジューンブライドの懸念点

一方で、ジューンブライドには懸念点もあります。特別な日を楽しく過ごせるよう、あらかじめ懸念点を把握しておきましょう。

雨天時は屋外演出ができなくなる

ジューンブライドの懸念点のひとつが、屋外演出ができない可能性があることです。

例えば、人気の演出のひとつであるフラワーシャワーやバルーンリリースは、雨が降ってしまうと実施することができません。雨が降ると予定していた演出がキャンセルになってしまうこともあるので、その点を念頭に置いておくようにしましょう。

雨で服装・髪型が気になる

ジューンブライドの懸念点には、雨で服装・髪型が気になるという点もあります。
雨が降ると、結婚式場に行くまでの間にドレスやスーツ、靴などが濡れてしまいかねません。また、仮に雨に濡れなかったとしてもせっかくセットしたヘアスタイルが湿気によって崩れてしまうこともあるでしょう。これにより、ゲストの方が心から楽しめなくなる可能性があります。

雨でも大丈夫!ジューンブライドを取り入れるコツ

6月に結婚式を考えている方にとって気になるのが当日の天候です。そこで以下では、雨でも気にせずジューンブライドを取り入れるコツをご紹介します。

6月に入籍する

ジューンブライドを取り入れる方法に、「6月に入籍する」が挙げられます。「6月に結婚式を挙げるから幸せになれるのでは?」と思う方もいますが、そんなことはありません。
入籍のみでもジューンブライドには変わりないため、6月に入籍を済ませておき、結婚式はほかの月に挙げるという方法もあります。

梅雨の影響が少ない地域で結婚式を挙げる

憧れのジューンブライドでも雨の日は避けたいという方におすすめなのが、「梅雨の影響が少ない地域で結婚式を挙げる」です。
一般的に6月は梅雨に入っている地域が多いのですが、北海道は降水量が少なくなっています。また、国内リゾートで人気の沖縄も6月後半には梅雨明けしている可能性があります。

このほか、海外であればヨーロッパやハワイがおすすめです。ヨーロッパやハワイは梅雨の影響が少ないだけでなく、結婚式が終わったあとはそのまま新婚旅行も兼ねることができます。

天気に左右されない結婚式場を選ぶ

どうしても屋外での演出にこだわりたい場合は、「全天候型の屋根付き会場」を選ぶのがおすすめです。

全天候型の屋根付き会場であれば、前述したフラワーシャワーやバルーンリリースなどの演出も晴れの日と変わらず実施することができます。仮に、「結婚式を挙げたい場所の近くに全天候型の屋根付き会場がない」という場合は、代わりに屋内で行える演出を考えておくと安心です。

ジューンブライドをより盛り上げる!おすすめの演出

ジューンブライドをより盛り上げるなら、演出にこだわるのがおすすめです。そこで以下では、6月に結婚式を挙げる際に取り入れたい演出を4つご紹介します。

ブーケや装花を紫陽花にする

ジューンブライドをより盛り上げる演出のひとつが、「ブーケや装花を紫陽花にする」です。
結婚式に欠かせないブーケや装花に紫陽花を取り入れると、季節を感じるおしゃれな印象に仕上がります。紫陽花には「家族の結びつき」や「家族団らん」などの花言葉があるため、結婚式に好適です。

さらに、紫陽花はカラーバリエーションが豊富なので、テーマや好みに合わせて選ぶことができます。ゲストのテーブルにもセットすると、披露宴終了後に持ち帰ってもらうことができるでしょう。

写真撮影で傘を取り入れる

ジューンブライドをより盛り上げる演出には、「写真撮影に傘を取り入れる」もあります。
本来、結婚式の写真撮影といえば傘は使用しないもの。しかし、雨にちなんで傘を持つことで季節を感じられる写真を撮影することができます。

傘を用いた写真撮影には、例えば名前入りの傘を使う方法があります。2人の名前を入れることで、特別感のあるおしゃれな写真を残すことが可能です。また、透明のビニール傘を使えば、雨粒によって神秘的な写真を撮影することもできるでしょう。

写真撮影で傘を用いることで、雨の日しか撮れない特別なショットになるはずです。

雨にまつわるアイテムを取り入れる

ジューンブライドをより盛り上げる演出には、「雨にまつわるアイテムを取り入れる」もあります。
例えば新郎新婦が相合傘で入場するほか、会場コーディネートに傘やてるてる坊主、虹を飾るなど雨にまつわるアイテムを取り入れることで、季節を感じる特別な演出に仕上がります。

かわいらしいてるてる坊主を用意して、結婚式に参加してくれた子供たちにプレゼントすると喜んでもらえる可能性があります。

6月にある「父の日」にちなんだ演出を取り入れる

結婚式をより盛り上げる方法には、「父の日にちなんだ演出を取り入れる」もあります。
6月の第3日曜日には父の日があります。結婚式では両親へこれまでの感謝の気持ちを込めて花束を贈る演出はありますが、+αで父の日のプレゼントを贈るとさらに喜んでもらえるはずです。

花束だけでなく、腕時計やネクタイなどちょっとしたプレゼントをプラスしてみてはいかがでしょうか。

幸せになれる!ジューンブライドのメリット

雨の日に結婚式を挙げる際、忘れてはいけないのがゲストへの配慮です。
当日に雨が降ってもゲストに楽しく過ごしてもらえるよう、あらかじめ以下の準備を行っておくのがおすすめです。

  • ・濡れた衣類やバッグ、髪を拭くためのタオルとドライヤーを準備する
  • ・傘を忘れた方のために傘を用意しておく
  • ・引出物が濡れてしまわないようビニール袋をかけておく
  • ・遠方から来るゲストにタクシーチケットを用意しておく

雨の日は晴れた日に比べて結婚式場に来て帰るまでに一苦労です。このような配慮を忘れないことで、ゲストに喜んで参加してもらうことができます。

幸せになれる!ジューンブライドのメリット

一生に一度の結婚式は、2人らしい特別な時間にしたいもの。今回ご紹介したジューンブライドを取り入れるコツを参考に、思い出に残る結婚式にしましょう。また、雨の日の結婚式はゲストへの配慮が大切です。ゲストも楽しめる結婚式にするためにも、タオルとドライヤーを準備する、引出物にビニール袋をかけておく、遠方から来る方には電車・バス移動だと濡れてしまう可能性があるのでタクシーチケットを渡すといった配慮を忘れないようにしましょう。

関連記事

KEYWORD