COLUMN

ダイヤモンドの鑑定書って何?記載されている内容とは

目次
ダイヤモンドの鑑定書とは?
ダイヤモンドの鑑定書に記載されている内容
信頼性が高いダイヤモンドの鑑定機関
気になる疑問!ダイヤモンドの鑑定書は紛失したら再発行可能?
ダイヤモンドを購入する際は鑑定書の有無もチェックしよう

婚約指輪や結婚指輪を含め、ダイヤモンドが使われたジュエリーには品質証明のための「鑑定書」がついているケースが多いようです。しかし、きちんと保管はしていても「鑑定書に何が記載されているのかわからない」という方は少なくないでしょう。

そこで今回は、ダイヤモンドの鑑定書の概要と鑑別書との違い、鑑定書の記載内容、信頼できる鑑定機関、再発行の可否などについてご紹介します。婚約指輪や結婚指輪、ダイヤモンドジュエリーを購入予定の方はもちろん、お持ちのダイヤモンド鑑定書の見方について知りたい方は、ぜひご覧ください。

ダイヤモンドの鑑定書とは?

ダイヤモンドの鑑定書とは、ダイヤモンドの鑑定・評価を行った際に発行される“品質やグレードをを記載し、証明する書類”です。英語での名称は「Diamond Grading Report(ダイヤモンドグレーディングレポート)」で、文字通りダイヤモンドを対象とした証明書となります。

ダイヤモンドの測定・検査は、GIA(Gemological Institute of America/米国宝石学会)の定める品質評価国際基準「4C(※1)」に基づき行われています。そのため、鑑定書には4Cに関する内容が記載されているほか、ダイヤモンド各部のサイズやプロポーション、蛍光性なども記載されています。

鑑定書と似たものに「鑑別書」がありますが、これらは全くの別物です。鑑定書はダイヤモンドの品質評価のために発行されるのに対し、鑑別書は英語で「Identification Report(アイデンティフィケーションレポート)」といい、宝石の種別などを記載、証明するものとなっています。
宝石の寸法・重量を測り、天然石か人工石かの判断を行い、カットや研磨以外にも人の手が入っているかどうかを科学的に調べて書類に記載します。ダイヤモンドを含め、全ての宝石が鑑別の対象です。

※1:ダイヤモンドの品質を評価する4つの項目。「Cut(カット/輝き)」「Carat(カラット/大きさ・重さ)」「Color(カラー/色)」「Clarity(クラリティー/透明度)」がある。

ダイヤモンドの鑑定書に記載されている内容

鑑定書には英語や数字などが細かく記載されているため、どこに、どのような情報が書かれているかがひと目でわかりづらいもの。鑑定書には以下の項目について記載されているので、鑑定書をお持ちの方はチェックしてみてください。

なお、和光ではこだわりを持ってダイヤモンドの選定を行っております。以下の記事で詳しく解説していますので、併せてご覧ください。

和光のダイヤモンドについてはこちらから。

SHAPE&CUT(形状およびカット)

ラウンドブリリアントカットやオーバルブリリアントカットなどの、研磨後のダイヤモンドの形状について記載しています。

MEASUREMENT(寸法)

ダイヤモンドの寸法を、100分の1mm単位で記載。ガードルの直径の最小寸法と最大寸法、テーブル(※2)からキューレット(※3)までの深さの寸法を、プロポーション自動計測装置・ダイアメンションで測定します。

※2:ダイヤモンドの上面(正面)にあるファセット(カットを構成する面)のこと。
※3:ダイヤモンドの底面の尖った部分のこと。

CARAT WEIGHT(重量)

4Cのひとつ。デジタル電子重量計により計測した正確な重量を、カラット表記(1ct=約0.2g)で記載しています。

COLOR GRADE(カラーグレード)

4Cのひとつ。ダイヤモンドの色を鑑定・評価し、下記のカラーグレード(等級)を記載しています。

D
(無色)
E〜F
(ほぼ無色)
G〜J
(ごくわずかな有色(黄色など))
K〜M
(かすかに有色(黄色など))
N〜S
(薄い有色(黄色など))
T〜Z
(有色(黄色など))

CLARITY GRADE(クラリティーグレード)

4Cのひとつ。インクルージョン(内包物など)の有無や大きさ、ブレミッシュ(研磨時にできた又は取り切れなかった表面のキズなど)などをチェックし、下記の評価を記載しています。

Flawless(FL) 内部・外部ともに欠点はない
Internally Flawless(IF) 内部無欠点(ほぼ欠点はない)
Very Very Slightly Included
(VVS1)(VVS2)
ごくごくわずかな内包物が認められる
Very Slightly Included
(VS1)(VS2)
ごくわずかな内包物が認められる
Slightly Included
(SI1)(SI2)
わずかな内包物が認められる
Included
(I1)(I2)(I3)
内包物が多く、欠陥が認められる

CUT GRADE(カットグレード)

4Cのひとつ。カットのグレードを記載しています。上から順に「Excellent(最上級で理想的な品質)」「Very Good(理想的)」「Good(良好)」「Fair(やや劣る)」「Poor(劣る)」となります。
なお、日本の婚約指輪は「Excellent」や「Very Good」のダイヤモンドがあしらわれているケースがほとんどです。

FLUORESCENCE(蛍光性)

蛍光性の強さを記載しています。蛍光性が強いダイヤモンドの中には輝きがくすんで見えるものがあります。

PROPORTION(プロポーション)

ファセット(カットを構成する面)の角度や比率を記載しています。

PLOT(プロット)

クラリティ評価をする際の特徴的なインクルージョンなどの種類や位置を図で示したものです。個々のダイヤモンドの全てのインクルージョンなどが表記されているわけではありません。プロットがない鑑定書もあります。

COMMENTS/REMARKS(その他/備考欄)

上記以外の情報を記載しています。例えば、「LDH/レーザードリルホール」と記載されている場合だと、ダイヤモンドのインクルージョンを取り除くためにレーザーで小さな穴を開けたことを示しています。

信頼性が高いダイヤモンドの鑑定機関

鑑定機関は数多くあり、それらの鑑定機関では4Cを基準に鑑定・評価を行っています。こちらでは、信頼できる鑑定機関として代表的な「GIA」と「CGL」についてご紹介します。

GIA

GIA(Gemological Institute of America/米国宝石学会)は米国の鑑定機関です。世界的なダイヤモンド評価基準である4Cを考案した、世界でもっとも権威のある鑑定機関として知られています。

GIAの発行する鑑定書には「GIAダイヤモンドグレーディングレポート(GIA)」と「GIAダイヤモンド ドシエ(GID)」の2種類があり、全て英語で記載されています。前者には4Cの評価、プロポーション図、クラリティーのプロット図が記載されていますが、後者にはプロット図はありません。その分、コンパクトで持ち運びしやすいという特徴があります。

GIAの鑑定書が付属するダイヤモンドには、ガードル(※4)に肉眼では見えないほど小さく鑑定書番号・レポート番号が刻印されています(一部刻印がないケースもある)。
GIAのサイト内にて鑑定書番号を入力するとインターネット上でも鑑定結果を確認できるほか、PDFダウンロードも可能です。

CGL

CGL(Central Gem Laboratory/中央宝石研究所)は、1970年に設立された日本の鑑定機関です。「中宝研」「中宝」「中央」「中研」などの略称で呼ばれることもあります。

CGLは、ダイヤモンド鑑定・鑑別の分野において先駆者との呼び声が高く、世界で初めてH&C(ハートアンドキューピット)をレポートに採用したり、ダイヤモンドスパークレポート(※5)を開発したりしました。
また、CGLは世界的宝石ラボ団体「LMHC(Laboratory Manual Harmonization Committee/ラボ・マニュアル調整委員会)」に日本で唯一加入している鑑定機関でもあり、CGLの鑑定書は国内のダイヤモンド市場で非常に多く使用されています。

なお、GIAが英語表記のみであるのに対して、CGLの鑑定書は日本語と英語で表記され、ダイヤモンドの画像も添付されています。

※4:ダイヤモンドの上部と下部の境目。ダイヤモンドの縁にあたる部分のこと。
※5:ダイヤモンドの光の反射を特別な条件で投影・撮影したもの。

気になる疑問!ダイヤモンドの鑑定書は紛失したら再発行可能?

ダイヤモンドの鑑定書を紛失した場合、再発行を依頼しても断られる可能性があります。これは、ダイヤモンドと本来の鑑定書との同一性が認められない(同じものかわからない)とみなされるためです。
また、仮に同一性が認められても再発行に対応してもらえるかどうかは別問題です。例えば、GIAが発行している「ドシエ(※2)」タイプの鑑定書は、ダイヤモンドに刻印された鑑定書番号により同一性が確認できますが、再発行は行っていません。

ただし、各鑑定機関のホームページ内にあるレポートチェックにて鑑定書番号を入力すれば、ダイヤモンドの鑑定結果を確認することは可能です。PDFダウンロードに対応しているケースもあるため、刻印がある場合は鑑定した機関のホームページなどをチェックしてみましょう。

なお、本来の意味の再発行はできませんが、個人で再鑑定を依頼し、あらためて鑑定書を発行してもらうことは可能です。鑑定はルース(宝石のみ)で行うため、ジュエリーになっているものは依頼の前に店舗に取り外しをお願いしましょう。

ダイヤモンドを購入する際は鑑定書の有無もチェックしよう

婚約指輪や結婚指輪など、ダイヤモンドのあしらわれたジュエリーを購入する際は鑑定書の有無もチェックしましょう。「鑑定書があるから絶対的に信頼できる」というわけではありませんが、少なくとも上記でご紹介したような実績のある鑑定機関の鑑定書が付属しているなら品質は安心できます。

なお、国内ではCGLのほか、「AGT/AGTジェムラボラトリー」や「DGL/ダイヤモンド グレーディング ラボラトリー」も信頼できる機関です。AGL(Association of Gemmological Laboratories Japan/宝石鑑別団体協議会)に所属している機関は信頼性が高いため、チェックしてみてください。

関連記事

KEYWORD