COLUMN

婚約指輪のダイヤモンドの大きさを決めるポイント!カラット以外にも考慮すべきこと

目次
ダイヤモンドの価値を左右する!評価基準の「4C」とは
気になる疑問!よく選ばれているダイヤモンドの大きさは?
ダイヤモンドの大きさを決めるポイント
希望するダイヤモンドの大きさはそのままに価格を抑える方法
ダイヤモンドの大きさは2人が満足できるように選ぼう

「ダイヤモンドは大きいほうがよい」と思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。人によってダイヤモンドのサイズの好みは異なるほか、手とのバランスも考慮する必要があります。また、着用シーンや価格にも着目して選ぶ必要があるため、「ダイヤモンドは大きければよい」と一概にはいえないのです。では、ダイヤモンドのサイズはどのようにして選べばよいのでしょうか。

そこで今回は、ダイヤモンドを選ぶ際に押さえておきたい「4C」の概要をはじめ、ダイヤモンドの大きさを決めるポイントやサイズを変更せずに価格を抑える方法などについてご紹介します。ダイヤモンド選びで失敗しないためにも、ぜひご参考にしてください。

ダイヤモンドの価値を左右する!評価基準の「4C」とは

まずは、ダイヤモンドを選ぶ際に押さえておきたい「4C」についてご紹介します。

CARAT(カラット)

CARAT(カラット)と聞くと「ダイヤモンドの大きさ」をイメージする方もいるかもしれませんが、正確には「重さ」を示す要素です。単位は「ct」で表記され、1ctの重さは約0.2gです。
CARATの数字が大きくなるほどダイヤモンドは重くなりますが、それに比例しサイズも大きくなります。そのため、CARATは重さだけでなく大きさの指標として用いられることもあります。

なお、CARATの数字が大きいほどダイヤモンドの価格も高くなります。

COLOR(カラー)

COLOR(カラー)とは、ダイヤモンドの「色」を示す要素です。無色透明のダイヤモンドがDランクの最高位であり、稀少価値が高くなっています。一方、黄色味を帯びたダイヤモンドはZランクの最下位で、価格が低い傾向にあります。

なお、COLORのランクと色の詳細は以下の通りです。

D〜F 無色
G〜J ほぼ無色
K〜M 僅かな黄色
N〜R 非常に薄い黄色
S〜Z 薄い黄色

CLARITY(クラリティー)

CLARITY(クラリティー)とは、ダイヤモンドの「透明度」を示す要素です。天然のダイヤモンドには内包物やキズがありますが、これらが少ないほど価格が高くなります。

CLARITYは全11段階で格付けされ、その詳細は以下の通りです。

FL 内包物、キズともに見られない
IF 内包物が見られない
VVS1 内包物が非常に僅かなため、10倍のルーペで見ても確認が困難
VVS2
VS1 10倍のルーペで見ると僅かに確認できる程度
VS2
SI1 10倍のルーペで見ると確認できる
SI2
I1 10倍のルーペで見ると容易に確認できる
I2
I3

CUT(カット)

CUT(カット)とは、ダイヤモンドの「研磨技術」を示す要素です。ダイヤモンドには美しい輝きを放つための理想の形状があり、これに近いものほど価格が高くなります。
CUTのランクは最高位が「Excellent(エクセレント)」となっており、「Very Good(ベリーグッド)」「Good(グッド)」「Fair(フェア)」「Poor(プア)」と続きます。

ダイヤモンドの4Cについてはこちらから。

気になる疑問!よく選ばれているダイヤモンドの大きさは?

では、よく選ばれているダイヤモンドの大きさはどの程度なのでしょうか。

ゼクシィ結婚トレンド調査 2020」の首都圏のデータによると、婚約指輪のダイヤモンドの大きさとしてもっとも多く選ばれていたのは「0.2ct〜0.3ct未満」の30.6%でした。次いで「0.3ct~0.4ct未満」の25.0%、「0.4ct~0.5ct未満」の12.1%と続きます。
この結果から、婚約指輪には「0.3ct前後のダイヤモンド」が多く選ばれているとわかります。

なお、0.3ctは約4.3mmです。ここから0.1ct大きくなるにつれて、約0.6mm〜0.8mmサイズアップしていきます。

ダイヤモンドの大きさを決めるポイント

ダイヤモンドの大きさは好みで選んでも問題ありませんが、あわせて「手のサイズ」「着用シーン」「価格」も考慮することをおすすめします。

手のサイズ

手のサイズが大きい方は、大きめのダイヤモンドも自然に身に着けられます。例えば、0.4ct以上の大きめのダイヤモンドをあしらった指輪であっても、違和感を覚えることがほとんどありません。
反対に手のサイズが小さい方は、小さめのダイヤモンドと相性がよいといえます。0.3ct以下の控えめなダイヤモンドであっても十分に存在感を出せるでしょう。

このように、ダイヤモンドをより美しく見せるには、手のサイズに合わせて大きさを選ぶことが大切です。

着用シーン

ダイヤモンドの大きさを決める際は、着用シーンも考慮しましょう。

例えば、パーティーや結婚式などフォーマルシーンでダイヤモンドありの指輪を身に着ける場合は、存在感のある0.3ct以上がおすすめです。大きめのダイヤモンドを選ぶことで、手もとを華やかに演出できます。

一方で、ダイヤモンドありの指輪を普段使いする場合は、0.3ct以下を選ぶとよいでしょう。なぜなら、ダイヤモンドが大きいと普段の生活の中で邪魔になってしまう可能性があるからです。くわえて、カジュアルな服装に合わず着ける機会が減ることも考えられます。そのため、普段使いする予定であれば、小ぶりのダイヤモンドを選ぶのがおすすめです。

価格

前述したように、ダイヤモンドはサイズが大きくなるにつれて価格が高くなります。例えば、「0.3ctのダイヤモンドを購入したい」と考えていても、予算が10万円だと足りない可能性があるのです。くわえて、指輪の素材をプラチナやゴールドにするとその分の費用もかかります。

「婚約指輪・結婚指輪は一生に一度の特別なジュエリーだからこそ、大きいダイヤモンドを選びたい」と考える方もいるでしょう。しかし、後の生活のことも考慮しなければならないため、ダイヤモンドの大きさは価格もチェックしたうえで決めることが大切です。

希望するダイヤモンドの大きさはそのままに価格を抑える方法

「ダイヤモンドの大きさにこだわりつつも価格を抑えたい場合は、「CARAT以外の4Cのグレードを下げる」のがおすすめです。

例えば「0.3ctのダイヤモンドを20万円以内で購入したい」という場合は、COLORのランクを最高位のDではなくEやFにするとよいでしょう。少しだけランクを下げることで、見た目を大きく変えることなく希望の大きさのダイヤモンドを購入できます。

ただし、価格を抑えたいあまりCARAT以外の4Cのグレードを下げすぎてしまうのは望ましくありません。なぜなら、ダイヤモンドは大きければ大きいほど美しく輝くわけではないからです。
前述したように、ダイヤモンドには美しい輝きを放つための理想の形状があります。にもかかわらずCUTのランクを低くしすぎると、当然ながらダイヤモンドの輝きを最大限に引き出すことができなくなるのです。サイズだけに捉われてダイヤモンド本来の美しさを損なわせてしまわないよう、質も重視して選ぶようにしましょう。

ダイヤモンドの大きさは2人が満足できるように選ぼう

「ダイヤモンドは大きければよい」というわけではありません。前述したように、ダイヤモンドの4Cにも着目するほか、手のサイズや着用シーン、価格も考慮してサイズを決める必要があります。くわえて、婚約指輪・結婚指輪にあしらったときのバランスも確認することが重要です。
婚約指輪・結婚指輪を購入する際は、上記のポイントを押さえながら2人が納得できる大きさのダイヤモンドを選ぶようにしましょう。

なお、和光ではダイヤモンドの輝きや美しさにこだわった品を取り扱っております。原則としてカラーはF以上、クラリティーはVS2以上、カットはExcellentのものです。これだけでも高品質といえますが、その中からさらに、実際に目で見て輝く素質のある石だけを厳選しています。
2人とも満足できるダイヤモンドありの婚約指輪・結婚指輪が見つかるはずなので、ぜひ一度ご覧ください。

和光の婚約指輪一覧はこちらから。
和光の結婚指輪一覧はこちらから。

関連記事

KEYWORD