閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

ご来店予約・カタログのお申し込み

ブライダルコンシェルジュ

ダイヤモンドの4Cと和光の基準

ダイヤモンドの4Cと和光の基準

ダイヤモンドの品質を評価する基準、4C

CARAT  カラット(重さ)

宝石の重量を表す単位で、1カラットは約0.2グラムに相当します。
ラウンドブリリアントカットの場合、重さと大きさのおよその関係は、下図の通りです。

CARAT  カラット(重さ)

COLOR  カラー(色)

ダイヤモンドの色は、無色から黄色まで格付けされ、無色に近いものほど稀少価値が高くなります。

COLOR  カラー(色)

CLARITY  クラリティー(透明度)

光の通過の妨げとなる、天然の内包物や傷のないダイヤモンドが最高の品質とされています。
専門の宝石鑑定士が、10倍のルーペで観察し評価します。

CLARITY  クラリティー(透明度)

CUT  カット

ラウンドブリリアントカットのダイヤモンドには、光の屈折を最大限に利用できるよう計算された理想の比率があります。ダイヤモンドの輝きは、この理想の比率にいかに近くカットできているかで決まります。
和光では、カットの良さを追求してダイヤモンドを揃えております。

CUT  カット

4Cだけでは語れない、和光のダイヤモンド

和光のブライダルリングに使われているダイヤモンドは、原則としてカラーはF以上、クラリティーはVS2以上、カットはExcellentのものです。

さらに和光では独自の基準を設け、カットされたダイヤモンドを実際に目で見て輝く素質を持つものだけを厳選しています。同じ4Cの評価を受けたダイヤモンドの中でも、強い輝きを持つトップクラスのみを選別しています。
和光では「キンバリー プロセス」を遵守しています。