閉じる

お問い合わせ

お問い合わせ受付時間:
10:30~19:00

休業日:
年末年始などの休業日は随時ホームページにてご案内いたします。

お品・サービスに関するお問い合わせ

ご来店予約・カタログのお申し込み

ブライダルコンシェルジュ

ウェディングリングとは

ウェディングリング

キリスト教と結びついて広まった結婚指輪

結婚式で互いに結婚指輪(ウェディングリング/マリッジリング)を交換する習慣が生まれたのは、キリスト教の浸透と深い関わりがありますが、これが中世のいつの時代から行われているかは明らかになっていません。一説によると9世紀、ローマ教皇ニコラウス1世によって指輪は結婚の証拠とみなされたのが始まりといわれています。

一方、記録に残っているものとしては、11世紀の文献に「花婿は花嫁に金の指輪を、花嫁は花婿に鉄の指輪を交換している」という記述があります。

結婚指輪というと、現代ではプラチナや金のシンプルなデザインが人気ですが、歴史的にはさまざまな形状の指輪が作られてきました。その代表的なものに、16世紀、宗教改革で知られるマルティン・ルターとその妻カタリナが交換した指輪が挙げられます。特に有名なカタリナの指輪には、十字架にかけられたキリストに剣や槍、三つ葉などがあしらわれ、内側にはお互いの名前が刻まれていました。二人の模範的な結婚はプロテスタントの人々に大きな影響を与え、この指輪には数多くのレプリカが作られたということです。

ちなみに、結婚指輪を左手の薬指にはめる習慣は、古代エジプトから古代ギリシア・ローマへ伝播した、婚約指輪に由来するといえます。とくに古代ギリシアでは、「左手の薬指は心臓に直結し、心臓には感情の中心がある」と考えられていたことから、愛情と結びつき、これが今日の結婚指輪の習慣につながっているのではないでしょうか。

参考資料:
『指輪の文化史』浜本隆志著(白水社)
『プリニウスの博物誌 II』中野定雄 他訳(雄山閣)
『指輪 古代エジプトから20世紀まで』東京都庭園美術館監修(淡交社)